Shure Japan Blog

Blog

 
By ShureJapan |  Comment(s)

IT管理者のための、SHURE会議音声ソリューション ~プロ品質の音響がコミュニケーションを変える~

ビデオ会議をより快適にするのは、信頼できるオーディオ機器かもしれません!

技術インテグレーター/コンサルタントへのインタビューに基づくリサーチより

ビジネスのグローバル化や働き方の多様化で、遠隔会議の必要性はますます高まってきました。ビデオ会議では、映像が途切れても会議は継続できますが、音声が途切れたり、聞き取り辛かったりするだけで、その生産性は格段に落ちてしまいます。
効率的な会議運営には、参加者同士がお互いの声をはっきりと聞き取り、内容をしっかり理解し、スムーズに意見を伝え合えるようにすることが不可欠です。

IT責任者にとって、会議参加者から最も多く寄せられるクレームは“不明瞭な音響”ではないでしょうか?社内のどこかで常にビデオ会議が行われている現在、コスト効率を高めつつ、全体的な業績に貢献するプラットフォームを確立することが求められています。
音響への投資は、大きなチャンスであるにもかかわらず、コラボレーションツールに投資する際に見過ごされがちです。

音声のクオリティは、会議の質を上げるためにも非常に重要です。
発言者の声がはっきりと聞き取れず、発言内容を明確に理解できなければ、会議効率は低下し、貴重な時間が無駄になるばかりか、深刻な行き違いが生じる原因にもなりかねません。

IT責任者の課題とは?

大会議室やビデオ会議における音響は、IT管理者を悩ませる問題の一つです。AV機器だけでなく、会議室全体の使いやすさや最適なソリューションが常に求められている昨今、IT部門の責任範囲はさらに広がりつつあります。

簡潔性 ヒューマンエラーとそれに伴うトラブルシューティングを避けるには、音響システムに必要な手動操作をなるべく抑えることが大切です。

拡張性 各設備機器は、さまざまな部屋や用途に合わせて容易に拡張できることに加え、IT部門からコントロールするための集中管理機能を備えている必要があります。

安定性 ITインフラを利用して管理するソリューションは、既存のネットワーク構成に無理なく統合できることが不可欠です。

スタンダード 製品の選定から調整、保守、拡張まで、一貫した品質を確保するには、グローバル標準に準拠している必要があります。

SHUREソリューションの特長

Shureの会議ソリューションでは、コンサートや放送業界でプロフェッショナル向けに音響機器を提供しているShure独自の技術を利用しています。

遠隔地やテレワークから参加するビデオ会議で、音声ストレスのない会話ができるマイクロホン、また大会議室やホールなどで、秘匿性の高い安全な送受信のできるワイヤレスなど、各製品で安定性の高いソリューションを実現しています。

またShure製品は、シームレスにネットワークに統合でき、調整も素早く簡単に行えます。役員会議室などのインテリアに自然に馴染むプロダクトデザインも、多くのユーザーから支持されています。

Shureの会議ソリューションは、多様な製品ラインアップで、より自由でクリエイティブなコミュニケーションをサポートします。

MICROFLEX™ ADVANCE™ アレイマイクロホン
Microfex Advanceマイクロホンは、目立たないデザインで、会議室の天井に自然に馴染みます。机の上にマイクを並べる必要はありません。発言者にマイクロホンの存在を意識させることなく、正確に声を捉えます。

INTELLIMIX™ P300オーディオプロセッサー
IntelliMix P300オーディオプロセッサーは、遠隔の参加者との接続を容易にし、エコーやハウリングのない極めて明瞭度の高いAV会議音響を実現します。

MICROFLEX™ WIRELESSシステム
Microfex Wirelessは、複数の部屋、フロア、建物、キャンパスにわたるさまざまなアプリケーションに柔軟に対応しする、モジュラー式ソリューションです。

SYSTEMONオーディオアセット管理ソフトウェア
SystemOnソフトウェアは、ネットワーク全体にわたる包括的なITサポートと予知保全、リアルタイムのトラブルシューティングを実現します。問題が深刻化する前に検出し、電池寿命の低下、機器の紛失やオフラインといった問題をプロアクティブに通知します。

既存インフラとの統合

Shureソリューションは、一般的な既存のA/Vプラットフォームと連携することができるので、様々なハードウェアまたはクラウドベースの会議ソリューションとのシームレスな互換性を提供します。シンプルで標準化された制御システムとの統合により、スムーズな操作が可能になり、ユーザーフレンドリーな環境が実現します。

記載されているロゴ、商標、および登録商標はすべて各所有者に帰属し、推奨を意味するものではありません。

PDF版はこちら

Share: Google Plus