Shure Japan Blog

Blog

 
By ShureJapan |  Comment(s)

システム構成ソフトウェア「Designer(デザイナー)」のご紹介

システム構成ソフトウェア「Designer(デザイナー)」は、会議室に必要なマイクを適切に配置するためのソフトウェアです。このソフトウェアを使えば、MXA910の必要台数や配置、ローブ(収音範囲)の設定などを実際の図面上でシミュレーションし、視覚的に分かりやすく検討、確認することができます。また、複数台のMXA910を使用するケースでも、会議室全体がどのようにカバーされているかを確認できます。

使い方は簡単です。対象となる会議室の図面を画像ファイルでソフトウェア上に取り込み、その仮想空間上にMXA910を必要な台数配置し、収音する範囲を決めていきます。プランニングはオフライン環境で行えるので、MXA910のブラウザソフトウェアとは異なり、シミュレーション時に実際の機材を準備する必要はありません。オフラインでの設定が完了したら、そのプロジェクトファイルを保存し、設置場所に送付して、MXA910実機に取り込みます。設置場所での作業時間が限られている場合でも、事前の正確なシミュレーションを通じて、円滑なシステム設計を進めることができ、業務を効率化することができます。

1.実際の図面データを取り込んで、スケールを合わせます。

 

2. 複数台のMXA910の配置や、収音範囲の設定を1つの画面上で編集できます。

 

3. オフラインで作成した設計を保存して、後から実機にインポートできます。

 

システム構成ソフトウェア「Designer(デザイナー)」はどなたでもダウンロードしてご利用いただくことができます。ユーザー登録の上、是非お試しください。

ユーザー登録とダウンロードはこちらから。

Share: Google Plus