Shure Japan Blog

Blog

 
By ShureJapan |  Comment(s)

Shure SM7 (B)の歴史 ~ 強化された SM57

Davida Rochman, 2012年7月25日 Education に掲載

協力: John Born, Yuri Shulman

Shure のレコーディング用 SM7 ボーカルマイクは 1976 年に発売され、今日 SM7B として知られています。このマイクは素晴らしい歴史があり、数々の話題を生み出しました。その理由は?Shure プロダクトマネージャーのジョン・ボーンは、どんなに気軽な会話でもSM7B について語る場合はSM5と SM57 マイクは切り離せない、と言います。この 2 つのマイクは、異なる時代に SM7 が評価される際の基準でした。 SM7B_singer_5591_HR_l

SM5 の誕生

SM7 の歴史は SM5 放送用マイクから始まります。SM5 はダイナミックブームマイクロホン。1966 年に発売されて以来、数々のラジオ局や映画スタジオで使用されました。

catalogpage1974_l

放送業界と映画産業では広く受け入れられ、さらにShure は新しく小型マイクの開発に着手します(SM5 は長さが約 25cmと大型でした)。新たに発売された SM57 のマイク設計で採用されたいくつかの同じ音響特性は、放送業界以外の分野でも活用されるようになりました。

ジョンによれば、SM7 の開発は次のようなものでした。「Shure の音響担当エンジニアのグループに SM57 カートリッジエレメント(ユニダイン III)が渡されて、より良い製品を開発するように指示されました。サイズや費用の制限はなく、エンジニアたちは熱心に開発に取り組みました。」これが、ジョンが SM7B を「強化された SM57」と呼びたい理由の 1 つかもしれません。

Shure ユニダイン III カートリッジのバリエーションは 多くの Shure ダイナミックマイクで使用されています。SM57、SM58、および、SM7B には、すべて、ユニダイン III エレメントに基づく同様の音響ネットワークが採用されています。しかし、SM7B カートリッジと SM57/SM58 カートリッジ設計にはいくつかの違いがあります:

  • SM7B のダイアフラムは幾分異なり、低域特性を強化するために最適化されています。
  • SM7B のハウジングは大きいので、カートリッジの後ろのリアボリュームを大きくして低域特性を拡張します。
  • SM7B の内部ショックマウントは スタンドの振動を低減するように最適化されています。それに対して、SM57/SM58 内のショックマウントはハンドヘルド用途の場合の雑音を低減するように最適化されています。

ジョンはさらに続けます。「SM7 は、様々な用途のための拡張フルレンジマイクロホンとして開発されました。SM57 マイクロホンや SM58 マイクロホンよりものびやかに広がる周波数特性を提供します。背面にある周波数シェーピングスイッチ(選択可能なローカットおよびプレゼンス・ピーク・フィルタリング)で、SM57 または SM58 が優れた性能を発揮する用途に十分に対応(および強化)します。

SM7 は 1976 年に発売された後、SM5B に代わり、その製造は 1986 年に中止されました。

SM7B SM5B の違いは何ですか?

  • どちらも、音声放送用途向けのカーディオイドダイナミックマイクロホンです。
  • どちらもトランスフォーマーがありません。
  • SM7B と SM5B のムービングコイル型カートリッジは類似していますが、まったく同じではありません。
  • SM7B にはハムバッキングコイルが採用されています。
  • SM7B のマイクロホン本体の内部ボリュームはカートリッジの音響設計の一部です。SM5B にはありませんでした。
DougJohnsonKPCC_l

KPCC のダグ・ジョンソン( Doug Johnson)とステーションの SM5B マイクロホン。サイズが大きいことがお分かりいただけますか? (写真提供: www.courant.org)

スリラー効果

過去 30 年間に、SM7 は録音スタジオでも活用されるようになりました。マイケル・ジャクソンの画期的なアルバム「スリラー」が良い例です。伝説によれば、クインシー・ジョーンズとレコーディング・エンジニアであるブルース・スウェディンは SM7 をマイケルのほとんどのボーカル、ヴィンセント・プライスのすべてのボーカルで使用しました。

これは勇気のある選択でした。まず、マイケル・ジャクソンのその前のアルバム「オフ・ザ・ウォール」 はすでに初のソロレコードとして 4 枚のトップ 10 シングルを生み出し、シングル「ドント・ストップ・ティル・ユー・ゲット・イナフ」でグラミー賞を受賞していました。これでバーは極めて高くなりましたが、ジャクソンのより良いアルバムを作成する決意は固く、同じプロダクションチームで製作に取り組みました。その成果が 1982 年の「スリラー」アルバムです(これはビニールでした)。史上最高のベストセラーアルバムになり、前代未聞の 1.1億コピーを販売しました。

あらゆる超ウルトラハイエンドレコーディングマイクを選択できた中、当時ラジオおよびボイスオーバー用途の標準だった控えめな SM7 が選ばれたのは何故でしょうか? 「In the Studio with Michael Jackson」の中でブルースは次のように回想しています。「Shure SM7 は私が絶対的に支持しているマイクロホンです。マイケルの大ヒットレコードのほとんどを私の SM7 で収録しました。このマイクロホンを高く評価しています。素晴らしいマイクです。」

「私はマイクロホンを選択する自由が与えられました。誰も何も言いませんでした。そこで、大好きなマイクを選びました。例えば、Shure SM7 を「ビリー・ジーン」や「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」など、ほとんどのマイケルのリードボーカルで使用しました。皆大変驚いて、眉を吊り上げました。しかし、私はこのマイクが大好きです。6 本持っています。最初のものは 1977 年に購入しました。メジャーな音楽プロジェクトで使用された初の SM7 に数えられます。ダイナミックで、マイケルのボーカルに問題なく対応しました。すべての歌詞がとても明瞭に聞こえます。」

SM7SM7A、および、SM7B の違いは何ですか?

  • オリジナルの SM7 は 1976 年に発売されました。
  • SM7A リビジョンによってハムバッキングコイルとヨークマウント設計が改善されました。このリビジョンは 1999 年に発売されました。
  • SM7B には大きなウィンドスクリーンが採用されています。これは 2001 年に発売されました。

音響面ではどちらのマイクロホンバージョンの性能も同じです。

 最も興奮させるマイク?

Shure が SM5B の製造を再開することを望む熱心な信奉者がいる中、SM7B の人気は高まり、(オーディオの)都市伝説と呼ばれるほど話題を生み出しています。ライブサウンド、放送用、レコーディングで楽器およびボーカルマイクとして使用され、業界の働き者である SM57 の性能を上回る万能マイクとして、多くの人に認知されています。

マイクレビューのページには、必ずと言っていいほど、SM7B について活発な、時には白熱したコメントが掲載されています。gearslutz.com の Shure SM7 joke thread には次のようなポストが掲載されています:

「頭の中の声が正しいか間違っているかを教えてくれることは知っていますね? それは SM7B で収音した声です。」

「私の SM7B は私のボーカルテイクを自動的に 2 倍、4 倍にしました。スペイン語バージョンと北京語バージョンに翻訳して、国際的なリリースができるようになりました。」

「配置に注意すれば、SM7B を使って未来を記録できると言われています。」

それだけではありません。SM7B では最低 60dB のゲインのマイクプリアンプが必要です。そのため、レコーディング用にどのプリアンプまたはオーディオインターフェースを使用するかが話題になります。レコーディング・ハックスのジェーソン・ミラー(Jason Miller)が、最近のポストでこのことについて包括的に取り扱っています。8 つの異なるインターフェースを使用するオーディオトラックなど、ジェーソンの推奨事項についてはこちらをご覧ください。

発売から 36 年経てからもこれほど話題になる理由についてジョンに尋ねました。ジョンは次のように答えます。

「さまざまな事柄が組み合って、継続的な人気につながっているのだと思います。マイクが受け入れられるまでこのくらいの時間が掛かるのかもしれません。ポッドキャストの台頭によって、高品質のボイスオーバーマイクを求める声が高くなっています。マイケル・ジャクソンの死も理由の 1 つかもしれません。誰もがマイケルのレコーディングと製作過程の話をしていました。さらに、マイクロホンの PK 戦で 350 ドルのマイクロホンがその 10 倍の価格のスタジオマイクロホンに勝利したという事実があります。ついに、認知され始めたということでしょう。」

Shure のアーティストリレーションズのライアン・スミス(Ryan Smith)も同じ意見です。「メジャーなレコーディングで使用され続けています。リードマイクとして、あるいは、ギター/ベースアンプ、キック、ハイハット、スネア、ホーンなど、その他多数の用途で使用されています。Death Cab for Cutie, John Mayer, Chevelle, メタリカのJames Hetfield, Keith Urban, Jeff Tweedy, My Chemical Romance, Meshuggah, Don Was, Billy Idol,さらにBossもライブまたはレコーディング用途で SM7B を使用したと言われています。Bob Dylanもファンだという噂もあります。

あなたのチョイスは?

SM7B が 70 年代に設計を担当していたエンジニアが設定した考えていた以上の性能を達成したことは明らかです。劣悪な収音環境に対応できることに加えて、叫ぶボーカルの声を処理して、ドラムまたはギターアンプマイクとしても使用できるマイク。あなたのマイクラインナップのひとつに、いかがですか?

マイク・リスニング・ラボで、SM7B とその他の Shure マイクロホンを聞き比べることができます。お友だちから SM7B を借りて試聴できればより良いでしょう。良い音は個人の好みによって異なります。あなたの気に入った音があなたにとって良い音なのです。

SM7Bの製品ページはこちら

 

SM7Bに関する本やレビュー情報はこちら

In the Studio with Michael Jackson, Bruce Swedien, Hal Leonard Books, 2009

Best Budget Audio Interfaces for SM7B, Jason Miller, Recording Hacks, June 18, 2012

Shure SM7B vs. Neumann u87Ai, Audio Superfreak, www.soundcloud.com, 2011

Shure SM7 – The Tape Op Review, Drew Townson, July 2003

Share: Google Plus

Leave Feedback

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.